スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

花菖蒲

お華の先生に明治神宮御苑のチケットをいただいたので。。

真っ盛りの花菖蒲、見てきました。




  綺麗でしたー・・・

  菖蒲田がずーっと続きます。



都会の一角だということを忘れてしまいそう。
・・というか忘れてました。。

ちゃんと一つ一つ名札付きで、大事に育てられた箱入り娘たちでした。

まだまだ晴れ姿、見れそうですよ♪


| - | 00:22 | comments(0) | - |

お宝コレクション

今回の草月展

「草月会所蔵コレクションにいける」というテーマでした。

この所蔵コレクション。。
草月会はすごい財産を持ってますね。

花器だけで満足な展示でした。

前家元・勅使河原宏 作の陶土は素晴らしいです。
複雑な形状も多々あれど、いけるのが楽しくなりそう♪

それから、茜家元はパブロ・ピカソや魯山人などの作品を使ったり。
岩田藤七・久利、エミール・ガレのガラス花器も素敵でした。




   こちらは岩田久利の作品を上手に引き立ててると
   実感した作品。



ガラスの器をいけばなに広めたのは草月だそうです。
それまで器の中の処理に困ったり、安っぽく見えたりという理由で
敬遠されがちだったガラスの器をなんのことなく取り入れてしまうのは
アバンギャルド草月らしい。。

私も今、レッスンでは花器の特徴を意識していけるように練習しているので
今回とても勉強になりました☆


お華より・・素敵な芸術作品に目を奪われがちな展覧会でした。



| - | 00:06 | comments(0) | - |

presents

父の日。

・・の前に、母の日。
プレゼントを延期してました。

このたび、めでたく異国から到着し、父の日に一緒にプレゼント♪

母がなぜかバリのガムランボールが欲しい、というので。
(どこかで見かけて魅了されたらしい)

それで私も少し勉強する機会になりました。
バリには1度旅行してるのですが。見かけなかったような。

ガムランボールというのは・・
バリの伝統楽器ガムランに音が似ている鈴のことらしいです。
全て手作り、ボール自体に装飾があるものやボールを中に入れる
バスケットタイプなど形もいくつか異なり、装飾もアラベスク模様や
天然石の入ったものや色々。。

都内のお店もいくつか探したけれど思い描くものがなく、
バリのオンラインストアでお願いしました。


  到着☆

  バスケットタイプのアンティーク模様、
  母の誕生石ペリドット付き。


ネックレス用のチェーンもつけたけれど。。
これを首からぶる提げてたらうるさくないかしらね・・?(ネコみたい)


これに対して、父の日。

消えものセットで全て胃袋行き。

ベルギーのヒューガルデン ブロンシュとグランクリュ、
オランダのグロールシュのビールに・・
イタリアのプロシュート、ギリシャのオリーブ・・と
全て私色に染めてしまうヨーロピアンおすすめセットです。


それにおまけ。

甘いものが苦手な父ですがなぜかマーマレードは好きで
朝はトーストにバターとマーマレード。



  バレンシアオレンジとグランマルニエの
  コンフィチュール。
  自然派セルフィユのオトナ味のマーマレード☆



そして6月は蘭もお誕生日♪

去年はアイスだったし。。



  今年はカップケーキとか、いかが?
  犬印がかわいい。



たくさん実家に届けて、季節外れのサンタさん気分です。





  実家の庭には
  ラズベリーが付き始めてました。



| - | 00:32 | comments(0) | - |

イギリスの授かりモノ

「サウジ大使館に献血にいかない?」

・・・という珍しいお誘いを受けました。。

なんでも、サウジ大使館が献血してくれたゲストにサウジ料理を振舞う、という
ニュースがあったそうで。


それで、私も思い出しました。
私、献血できなかったんだっけ。。

体重がギリギリ、という理由につけて、決定打はイギリス滞在です。
BSEモンダイです。。

いい機会なので、改めて献血できる条件を確認してみたら。
10代の頃から何度か渡英している私は完全にアウト、欠陥人間でありました。。


ということで。
その後の代々木公園バングラデシュ・フェスティバルで合流。
お目当てはバングラカレー♪

ロンドンではバングラ系のカレーが大好きで。


1日で2度もイギリスが恋しくなる思いをしてしまいました。。





   こちらは・・カレーレストランが軒を並べる
   Brick Laneにも停まる8番のバス。
   
   随分お世話になったバスです。






   そしてこちらは。
   たまに都内で見かける、イギリスから来た(と思われる)
   旧式ダブルデッカー。



様変わりしてるけど。。
この旧式バス、走行中の飛び降り、飛び乗りは自己責任で。
便利だったけど。ロンドンでは今はもうないみたいです。


| - | 23:32 | comments(0) | - |

CHANEL MOBILE ART




  国立代々木競技場に。
  ヘンなもの、できてます。。



CHANEL MOBILE ART

パビリオンごと世界を巡回するアートプロジェクトです。
香港から、今は東京に。

このヘン?な建物は・・女性建築家ザハ・ハディドのデザイン。
そして中には世界中のアーティストたちの作品が詰まってます。


観賞のスタイルがとても面白いです。
体験型でインディビジュアル。
40分間どっぷり世界に入ります。

7月4日迄、予約制で既にチケットは終了してるようですけど。。
キャンセル待ちで挑戦もあり☆


| - | 23:26 | comments(0) | - |

五箇條の御誓文

たまにはおカタい展示など。




   明治神宮内の宝物展示室、
   「明治天皇と五箇條の御誓文



明治天皇をはじめ、明治維新前後に活躍したヒーローの名品が展示されてます。

中でも直筆の書は感動的です。
字は人を表すと言いますが。。
教科書で学ぶよりこういった直筆の書を見ることで
その人柄を直に感じる事ができるんだなぁ。。なんて、
決して大盛況とはいえないこの展示室でひとり感銘を受けてました。


そして明治天皇が神々に誓われた「五箇條の御誓文」

1、広く会議を興し、万機公論に決すべし。
  (広く人材を求めて会議を開き議論を行い、
   大切な事はすべて公正な意見によって決めましょう。)

1、上下心を一にして、盛に経綸を行ふべし。
  (身分の上下を問わず、心を一つにして積極的に国を治め整えましょう。)

1、官武一途庶民に至る迄、各其志を遂げ、人心をして倦ざらしめん事を要す。
  (文官や武官はいうまでもなく一般の国民も、それぞれ自分の職責を果たし、
   各自の志すところを達成できるように、人々に希望を失わせない事が肝要です。)

1、旧来の陋習を破り、天地の公道に基くべし。
  (これまでの悪い習慣をすてて、何事も普遍的な道理に基づいて行いましょう。)

1、智識を世界に求め、大に皇基を振起すべし。
  (知識を世界に求めて天皇を中心とするうるわしい国柄や伝統を大切にして、
   大いに国を発展させましょう。)


・・ということらしいです。
今でも充分通じる誓文、原点ですよね。





   神宮内の参道。
   ちょっとモネの並木道みたい!?



| - | 00:59 | comments(0) | - |

ネパール系

昔、とある外国人の友達に言われました。
日本人は食べ慣れたもの以外の料理に結構閉鎖的だけど、
君はopen mindでとてもいい、と。

要はどこのお料理であれ食べ物に興味津々、ということね。

確かに。
そして類は友を呼ぶもので。。
世界の食をやたらと囲みたがるコミュニティがあるのでした。


今回は・・
ネパール料理の会。

アジア系は特に興味ありです♪

渋谷と恵比寿の間にある「Jau Hai!NERALI KITCHEIN」。

地下のパーティルームを貸し切って40人位いたような?



  お料理も終わりかけた頃。

  なぜかミラーボールが回り始め・・・






   ネパール音楽?で気付いたら皆踊らされてました。。



お料理はやはりインドに近いですね。
もっとカレー食べたかったわ。。
(堪能しきらないうちにdancing time)





   こちらはネパールのビール。
   美味しい☆




| - | 23:32 | comments(0) | - |

最後にパーティ

このたび。。
ナースちゃん、お引越しにつき。
皆がお世話になったパーティルーム閉城。

ということで最後のパーティを。

いつもと変わらず到着順にお料理。
初参加だって、到着早々に生春巻きを巻いてもらいます。



  今回のメインは・・

  ナース作マルタ料理・ティンパーナ☆
  ひき肉とマカロニがパイ生地の下にぎっしり。


しかし。
私はこれ、マルタでローカルの家にステイもしていたのに
いただいたことなかったのですけどね。
なるほど、マルタっぽい味です♪


ダンボールから溢れる食材を各々選んではキッチンに立ち、
今までお世話になったキッチンカウンターに最後の挨拶。。

用意周到なサプライズのHappy Birthdayも終えて・・

もうここで皆が集まることもないのね。
なんだか淋しいわ。




  玄関を開ければシーサーくんたちが
  お出迎えしてくれ・・



  ラグジュアリー洗面所、
  いつお邪魔しても
  綺麗にしてくれてました。



お礼のしようがありませぬ。
たくさんのお招き&おもてなし、ありがとうね☆


| - | 20:34 | comments(0) | - |

鳥羽で出逢い

伊勢2日目の朝も雨でした。

前夜に私が使えるマジック、てるてる坊主をお手製して太鼓判を押したけれど
窓の外の雨模様に紅茶雨ガールはがっかりです。。

でもね、大丈夫♪
私のてるてるクンはタイマー機能付き。
ホテルチェックアウトにあわせておいたのだよ。なんて。

お世話になったホテルを発つ頃には雨雲は退散してくれました。


鳥羽へ向かいました。

真珠か水族館か・・?

・・水族館に決まり☆


駅からてくてく。



  途中・・
  グッドデザイン賞受賞発見。




  2005年受賞の海沿いのデッキ。
  「カモメの散歩道」なんだそうです。。




鳥羽水族館は・・ロマン溢れる海の国でした。



  こんな綺麗め系のお魚は
  海に潜れば見てるので・・



海獣系かなん・・

色々ショータイムがあるので逢いにゆきました。

まずはペンギンのお散歩。
という名のショータイム。

ペンギンの前には前座にペリカンやアヒルのお散歩があり。。
ペリカンは近くだとちょっとコワイですね、つつかれそうで・・
前に陣取ってたキッズたちが驚きのあまりベンチから堕ちそうになってましたから。



  こうやってヨチヨチしながら歩くだけなのに。
  なんでペンギンて可愛いんでしょうね♪


ペンギンたら、カメラ向けるとちゃんとカメラ目線で一時停止してくれたりして。
かなりの人間キラーであります。。


そして次のショータイム・・

ここで私と紅茶雨ガール、恋に堕ちる。。
まさかこんなところで出逢いがあるとは想定外だわ。







   三角関係の張本人。
   ポウ君。

   ただ、容姿がトドなだけ。



ポウ君のやんちゃな姿にハートぶち抜かれてしまい。。

他の海のスターたちもかすむ程の存在でした。


かなり隅々まで海の国を楽しんで・・
最後にやっぱりポウ君に逢いに行ってしまった私たちでした。


また。
逢いにいっちゃうかもしれません。
鳥羽まで。


| - | 23:46 | comments(0) | - |

伊勢へ

熊野古道と温泉を堪能し、翌日南紀勝浦を始発で発ちました。

和歌山はのどかで真逆のカルチャーショックを受け。。
でもとてもきれいなとこでした。

伊勢に向かいました。
右手はオーシャンビュー、左手は絵葉書に出てくるような霧がかった美しい山並み。
今日はお天気が下り坂、美しい青のはずの海が少し重たいです。
いくつものトンネルを抜けて、電車を乗り継ぎ、伊勢に到着。


ここで。東京からやってくる紅茶ガールと待ち合わせ。

彼女は・・雨雲を連れてやってきました。。

怪しいな、と思ってたんだ。
だって私は生粋の晴れ女。
昨日までは快晴続きだったのに彼女と共に過ごすこの土日だけ雨予報。
「ごめんね・・・私、雨女。」
という告白も予想はついてたわ。しかも彼女はハイパワー雨女らしい。
いくら晴れ女の私でも、雨女には負けるのです。
プラスとマイナスをかけると。マイナスになってしまうのだから。


腹をくくって伊勢詣でに。
雨シトシトのお伊勢さまも情緒あっていいではないの。




   最初に外宮参り。

   天照大御神の食事を司る神様、豊受大御神さま。
   衣食住全てに関わる産業の神様です。



お天気がよければもっと混んでいたみたいです。
かえって雨でよかったのかも?



  魅力的な木がいっぱい。
  こんなご老体も。
  もはや自力で立ってられない様子。。




内宮に向かう前にランチ。
せっかくなので名物いただかないとっ



  名物てこね寿司と伊勢うどん、
  欲張りに両方♪


伊勢のおうどんはフニャフニャでした。
のびちゃったのかしら!?と疑ったけれど・・こういうものみたい。

そして・・



  和歌山でいただき損ねた
  さんま寿司にもここで出逢えました。


和歌山でもちゃんと土地の名物、めはり寿司とまぐろをいただいてたのですけど、
さんま寿司はチャンスがなく・・未練たらたらでした。
ここでいただかなかったらずっと後悔してたかも。
想像通り、美味しいさんま寿司でした☆





  腹十分になったところで、内宮へ。




  五十鈴川、ここのほとりに、と
  天照大御神がお告げされたそうです。




  天照大御神さまも。
  垣に囲まれ遠い存在・・





  20年に1度、神様のお引越し。
  平成25年の還宮はこちらに。



実は去年からなんだか無性に呼ばれてる気がして。
とうとうお目にかかれたお伊勢さまでした。


内宮にも木の魅力炸裂☆



   こちら・・
   顔みたいでしょう?
   笑ってますね。





   隣の細い木が抱きしめてるみたい。。
   仲良しね。




せっかくなので。
夜は松坂まで。



  もちろん。
  松坂牛すき焼き♪
  牛銀本店は建物も風格あり。



お肉を堪能し、夜は腹十二分くらいになりながらホテルへ。


翌日は鳥羽へ行くことに。
雨予報だけど。。
晴れ女の名にかけてお日さま呼び戻しましょう☆



| - | 01:04 | comments(0) | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM