スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< Urban symbol | main | Party People >>

To be, or not to be

NEO MASK「漆黒の系譜−delusion」を観てきました。

親友の旦那様が作・演出・出演してます。
今回で3作目、相変わらず切れ味の良い立ち回りにウィットに富んだ台詞のやりとり。
面白かったです。


舞台終了後、関係者打ち上げにもお邪魔しました。



  大根サラダに花火・・・
  ウーン。。意味わからないけど綺麗。



打ち上げの席で。
作者である旦那様に今回の悪人の名前がナンデ「加藤」なんだ?と質問。。
この加藤、裏切りをモノとも思わない極悪非道なモノノケみたいな奴なんですけど
なんで現代にある苗字になっちゃったのか・・旦那様、もしや加藤さんて人に
相当恨みでもあるのか・・?なんて聞いたわけです。

答えは何のことはない、実際同じ名前のこういう人物がいたという言い伝えが
あるんだとか。

今回、舞台を見ながらなんとーなく考えていたのですけど、
観客としてみていると、皆正義感丸出しの感想になりますよね。
人を欺く者を憎々しく感じ、仁義を重んじるのが当然じゃないか!?
なんて憤慨するのが普通ですよね。。

でも実際自分が同じ立場に立った時、どれ程の人が正義感で動けるんだろうか・・?
なんて事を、

シャキーンッ! カキーンッ!  ズブッ   ・・・バタッ  

・・・と忙しく動き回る舞台の殺陣シーンを観ながら改めて思いました。

きっと今回の悪役加藤が一番リアルな人間像なのかも?とちょっと悲しい現実を実感し、
やっぱり旦那様もその辺考えて描かれてるみたいでした。



最近寝不足だった1つの理由・・深夜に放送していた「24 season検廚
見ていても丁度そんなこと思ってました。

B0002XD5Y824 -TWENTY FOUR- シーズン4
DVDコレクターズ・ボックス

キーファー・サザーランド キム・レイヴァー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2005-11-25

by G-Tools



靴聾逃してるんですけど。
犬任笋辰筏ど佞ました。

いくら国防のためだからといって、あんなに自身の危機に打算のない人って
いるんでしょうか?


ジャック・バウアーって異常だわ。



| - | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 00:12 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://beyondazure.jugem.jp/trackback/129

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM