スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 雪の日のミャンマー・・ | main | Go! >>

暮らしを彩る器展

東京ドームでのテーブルウェア・フェスティバルに行ってきました。
雪の予報が出ているにもかかわらず、今年も相変わらずの混みよう。。


今年の海外特集はオーストリアのウィーン。



   しょっぱなに有田焼!?
   ウィーン万博に出展されたものらしいです。
   異様な存在感。。



  皇室直属の磁器窯アウガルテンの
  ディナーセット。
  こちらは女帝マリア・テレジアの食卓。
  マリー・アントワネットの母上ですね。
  磁器工房の支援者だったそうです。



  ハプスブルグ家の皇妃エリザベートの食卓。
  彼女は愛陶家だそうで。。
  全てにおいて白地に金、
  お妃さまは金色がお好き。
  エレガントで華やかですね。



  こちらは。。
  クリスタル&シャンデリアメーカー、
  ロブマイヤーのコレクション。
  ケース付きグラス「トラベラー」
  こんなの持ち歩きたいっ



  このセット、一番素敵でした。
  オリエンタルな「エナ」というシリーズ。
  白磁の洗練さにオリエンタルテイスト。
  ヨーゼフ・ホフマンデザインのクロスとの
  調和も素敵。





  こんなナプキンのセッティングも
  あるんですね♪



  こちらロブマイヤーと津軽塗の
  コラボレーション!!
  紋紗塗と呼ばれる漆の技術と
  クリスタルの見事な調和。
  素晴らし。。


ウィーン、なかなか面白い。。


そして会場にはその他日本の器も盛りだくさん。

私は江戸切子があるとしっぽを振ってしまうのですけど。



  こちらは北一硝子さんの江戸切子ならぬ
  「平成切子」。
  なるほど、モダンな切り口。
  可憐な「春」と・・




  「夏」
  清々しい〜☆
  天の川みたいにキラキラしてます。



一緒に出かけた友達に予告してた通り、観て周るのに時間のかかる
お祭りであります。。

お腹の時計が鳴るまで会場を楽しみ・・お腹を満たしに会場を後にしましたっ
おつかれさま〜☆



| - | 23:58 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

| - | 23:58 | - | - |
Comment
また綺麗な写真がいっぱいですね〜♪

テーブルセッティングもみんな素敵ですけど
一番気になったのは、ロブマイヤーと津軽塗り!
クリスタルと漆って・・・・くっつくんですか?不思議。

江戸切子、鮮やかな赤と青が多いですよね?
こんな柔らかい色のものもあるんですね。新鮮です。
お猪口一つでも星のカタマリみたいですものね!
天の川みたいにキラキラ、ってほんとに納得です!
2008/03/26 10:56 AM, from k
kさま。
いつもコメントありがとうございます☆
喰い付きドコロ、なかなかですね。。
kさまのために解説。
「紋紗塗」という津軽塗りの技法だそうです。
艶消しの黒地に艶のある黒漆の模様が浮き出てくる
津軽塗四技法の中でも最も「品格」のある塗、だそうです。
クリスタルの上に綺麗に塗られてました、もしかしたら
漆が乗りやすいようにクリスタルがフロストだったのかも?
と思いました。

切子も色が違うだけで印象が随分違いますよね。
もっと早くブログアップを心掛けて、kさまにここでチェック
いただいたものを見に行っていただけるよう頑張ります〜

いつもありがとうございますね。
またお待ちしてます♪
2008/03/31 1:55 AM, from beyondazure










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM