スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< one's seat | main | また来年 >>

構図の天才


北斎 富士を描く展」に行ってきました。




  「富嶽三十六景」と
  「富嶽百景」の紹介。


葛飾北斎をこんなにたくさん観たのは初めて。

ほんとに。ほんとに恐るべし、北斎。。
富士山の絵というだけで三十六景も百景も。

テーマは富士山でも、そこに世相を映してそれぞれ違った魅力がでてます。
中には無理やり?富士山入れなきゃっ・・なんて感じで小さく入っていたりして。
そんな作品の前では皆が「富士山探し」状態でした。
これは北斎センセのユーモアでもあるんでしょうね。

その人気が日本に納まりきらずに海を越えていった理由、納得。。


私が惹かれた作品はこの2つ。



  「礫川雪の旦」


「礫川」は文京区小石川のことらしいです。
偶然。私、この辺り好きですね。
子供の頃よく小石川植物園に連れて行ってもらってましたから。
雪景は珍らしいみたいです。
高台の料亭で雪見酒と富士山を楽しむ図。
なんだか賑やかに沸いている様子と雪化粧した富士山の凛とした対比が
とても印象的でした。





  「五百らかん寺さヾゐどう」


五百羅漢寺は本所竪川五ツ目にあり、江戸の名所の一つであった・・・そうです。
「さざい堂」はその寺内に。
本所五ツ目は現在の江東区大島の辺りだそうですが、
その後五百羅漢寺は目黒にお引越ししてますね。
この図も皆で富士を眺めてます。
なんだか皆の会話が聞こえてきそう。。
富士山を楽しんでる様子が背中だけでもわかります。

とにかく富士、富士・・の作品の中、不思議と惹かれたこの2作品。
どうやら私は富士山観賞を楽しむ人びとが共に描かれた作品に
魅力を感じたみたいです。

こうしてみると富士山に対する人々の気持ち的な距離は近かったんでしょうね、
心の拠り所だったのかな。。
富士を「不二」と描かれていたけれど、不二子という名前がどれだけ高貴な
名前なのかとてもよくわかりました、峰不二子さま。。


北斎さん、とにかく構図が素晴らしい。
この人にカメラを持たせてみたいな・・驚きのショットをきめてくれそうな。
カメラを渡しても、やはり撮るのは富士山なのかな〜なんて?



| - | 00:53 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 00:53 | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM