スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

熊野古道へ

先月の奈良を皮切りに、今年は国内を旅しようと思ってました。

考えてみると私はホントに国内の観光名所を訪れてなさすぎで。。
海外は1人でふらっと行けるのになぜか国内一人旅ができずにいたので
今年は打破すべく、国内強化年に♪

それで・・・


熊野古道に行ってみました。
1人で。

和歌山出身者にアドバイスを受けたのだけど。
1日で歩こうなんて、到底無理なところでありました。。

時間があまりなかったので、勝手に地域限定ダイジェストコース☆
アドバイスの中で私がとても惹かれた那智の滝をめざすことに。

大抵はメインの古道入口まではバスで行くみたいです。
私は・・歩きますよん。歩く気満々♪

というのも、その手前にある「曼荼羅の道」という山道を歩いてみたかったから。
のどかな風景を楽しみながら山道へ。





    打って変わって別世界。
    結構なハイキングコース。
    1人通るので精一杯な竹林に潜入。




  でも木々がそよいで木漏れ日も綺麗、
  自然の中にいる実感。
  この道を昔の人も歩いたんだなと
  思うと感慨深いですね。



すぐ近くに道路があったと思ったのに、ここでは音が一切聞こえてこなくて
自分が歩く足音だけです。
まったく1人。

ちょっと怖くなりかけたところに向こうから人影。
構えていたら・・きれいなお姉さんが1人で。
「こんにちは」と挨拶を交わしてお互い笑顔で過ぎたけれど
お互い構えてたんでしょうね。。

途中、尼将軍・北条政子殿の供養塔があります。
こんなところに、淋しくないかしら。




  そうそ。
  熊野古道には王子さまがいっぱい。
  「ナントカ王子」をよく目にします。




  王子の正体。
  こちらは市野々王子。
  熊野三山の御子神を祀る
  ほこらのことだそうです。




  やっと大門坂。
  ここからがメイン。





    夫婦杉。
    樹齢800年、夫婦円満だなぁ。。





    平日だったので人影も殆どなく、
    石段を眺めながら進めました。
    ここは混雑時は情緒なくなるかも。。





    とても澄んでます。
    ずっと歩きたい気分。





  熊野那智大社。
  滝の前にご挨拶。





  こちらの龍くんは爪がスルドイ。。





  境内には双子のかわいいのがいました。




  自然の中の緑に朱赤が映えてます。
  ここの境内は安心します。
  澄んでて穏やか。





   3本足の八咫烏(足が見えないけど・・)
   神のお使いだそう。
   サッカー日本代表のシンボルでも使われているとか。





  お隣。
  国の重要文化財、青岸渡寺。





  三重の塔と・・お目当ての那智の滝☆





  飛瀧神社として滝が祀られてるそうです。






    やっと逢えました。
    那智の滝。




  滝の竜くんは・・
  尻尾、長っ





    もっと近くに。
    お滝壺拝所まで。
    しばらくパワーをいっぱいもらいました。



私の熊野古道散策はここまで。
でも充分歩いたし、また機会があれば他のコースを歩いてみたいです。


まだ午後も早い時間だけど下山。

次のお楽しみは。。温泉♪

海沿いの勝浦のホテルをとりました。
そこも温泉つきだったのだけど。

私のお目当ては海の見える洞窟温泉☆
温泉では撮影しなかったので是非HPで見てみてください。

ホテル浦島さんには7つの温泉があって日帰り入浴可、
そのうちの忘帰洞とよばれる洞窟温泉は・・
大正初期元紀州藩の徳川頼倫公が「帰るのを忘れるほど」 と
賞めて名づけられたもの、なんだそうです。
海が見えるのもいいのですけど、洞窟も天然で素晴らしいです。
いくつかのお湯をハシゴしてゆでだこになり・・




  帰る途中の足湯で本を読みながら
  またのんびり。。


勝浦には街中にフリーの足湯がいくつかありました。

そして。帰ってホテルの温泉にまた入り。
すっかりふやけてしまいました。

楽しかった〜

明日は伊勢に参ります。




| - | 22:35 | comments(2) | - |

絵本のプレゼント

母からメール。

「お姉ちゃんから絵本を預かっています」

・・・私は絵本を読む歳ではありません。


ちなみに。
私は長女です。
「お姉ちゃん」というのは叔母にあたる人で、私が子供の頃、彼女が
女子大生だったので「お姉ちゃん」と呼んでいて、すっかり風貌が
「お姉ちゃん」でなくなった今も私は彼女を「お姉ちゃん」と呼んでいます。

随分かわいがってもらい、とても心優しくかわいい叔母なのですが。
いくら私が「お姉ちゃん」と呼び続けてるからと言って
子ども扱いで絵本のプレゼントというのは・・

と思っていたら。
実は「お姉ちゃん」は今、絵本の読み聞かせをしているそうで。
ちょうど絵本の作者がいらっしゃった時にサインをしてもらったのだとか。
私の名前とイラストも入れてくださってました。


やまのおふろやさん (ぽかぽかおふろシリーズ)やまのおふろやさん (ぽかぽかおふろシリーズ)
とよた かずひこ

ひさかたチャイルド 2006-11





絵本と侮れない。
なかなかの意外性もあって温かいお話。

絵本てすごいなと思います、ストレートにしかも具体性を出して理解しやすく
少ない言葉で。
オトナが読んだ方がいい気がしますね。



| - | 23:04 | comments(0) | - |

産土サマ

自分の産土さまはどちらだろう・・?と以前から思ってました。

お宮参りをしたところだと知り・・

お宮参り。
どこだろう・・?

七五三を明治神宮でした写真があったので、
お宮参りも明治神宮だと思い込んでましたけど。

母に聞いたら。
「多分、近所の氷川神社・・?」

多分て。
私イチオウ長女なんですけど。
母らしいというか。。


久し振りに行ってきました、産土さま。




  こちらにもちゃんと龍クンはいました。
  チョト中途半端な気がするけど・・?
  いい顔してますよ♪




| - | 23:30 | comments(0) | - |

お日柄もよく

だって。
おいしいお寿司が食べれるっていうんだもの。

三浦海岸についていきました。



  三浦海岸の地魚は白身魚らしく。
  白づくし。





  新鮮なお魚の後は新鮮な海。
  夏前のいい時期だな。。





  岩場もあったり。。
  あの洞窟まで行きたかったけど。
  潮が満ちて遠い場所になってしまった。




夕方、東京に帰りました。

途中、寄り道。
だって。
貴腐ワインが飲めるっていうんだもの。

ワイン&チーズ・・
さっきはお寿司&ビール
どちらも素敵なマリアージュ☆



夜も更けて。

ついていくことにしました。

だって。
ゴキゲンな餃子があるっていうんだもの。




  こんなの。
  羽つき餃子。
  綺麗&美味しい♪


八角の香りがたまらないわ、しかも黒酢も置かれているのが嬉し。

阿佐ヶ谷の豚八戒というお店でした。
羽つき以外にも山椒がサワヤカに香るスパイシー麻辣餃子も
パクチーがのっていてトータルでいいかんじ。
香辛料好きの私向き。

ここでは餃子&紹興酒のマリアージュを楽しみ・・



だって。
今日最後のだって。
タイ料理って聞いたらついてっちゃうよ。

本日4組目のカップルは・・
トムヤムクンにタイラーメン&マッコルリ。


食のマリアージュは無限大、素晴らし。

| - | 22:49 | comments(0) | - |

ダリアの色

お華の花材でダリアがあると迷わず選んでしまいます。

美しい花だなと思います。
そしてとても几帳面に咲きます。
いい娘なのです。

色もそれぞれ。

今回は・・




  いわゆる黒ダリア。
  こんなに深い深いバーガンディレッド。



高貴ですねぇ。

先生が
「この色は日本語で美しく言うなら何色って言えばいいのかしら?」

・・・何色っていえばいいんでしょう?



日本伝統色色名事典日本伝統色色名事典
日本色研事業 2007-07



こんな本も持ってる私ですが。。
ここまで深い闇のような赤というか紫を表す名前はでていませんでした。

「深闇赤紫」。
とか勝手につけてみたり。



| - | 15:24 | comments(0) | - |

罪と罰




  頬を刺す 真夜中の山手通り〜♪






  煙草の空き箱は捨ててはいけません。。




哀しくなって、また歩いてしまいました。

アブナイね、もう生産性のないことはやめよう。


ごめんなさい。



| - | 23:46 | comments(0) | - |

もはや

海の写真展で気持ちが南向きになってきた後・・

ここは日本橋三越。

まだ果たせない事があり・・
ここにくると偵察にいくところ。

CLUB HARIE
なんと。和菓子のたねやさんのバウムクーヘンやさんです。

「ここのバウムクーヘンはもはやバウムクーヘンじゃない」

・・・と聞いてからというもの、「じゃ、なんなのさ?」などと
ヘリクツ言わずに手に入れる機会を伺ってたのです。

日本橋三越に来る時は必ず覗いてましたが、焼きたてバウムは
毎回売り切れ。


しかし。
とうとうやってきました♪



  これが焼きたてバウムクーヘン 
  完成形☆


バウムはフワフワでした。


「ここのバウムクーヘンはもはやバウムクーヘンじゃない」

・・・バウムクーヘンだったけど、でもおいしいバウムクーヘンでした。



そしてここは日本橋。

ここに私のお気に入りが1つ。



   日本橋の柱に鎮座するこの方。。
   素敵でしょう☆


羽があるけど。
顔付きからして私の大好物の龍の類だと思ってました。
ドラゴンかな?と思ってました。

私の見解?では、龍は羽がないけれど長い胴体をなびかせて宙を漂います。
西洋の龍、ドラゴンは羽があって鳥に近いような。

だからこの方はドラゴンだと思ってました。

しかし。調べたら。
麒麟さんだったみたいです。。
もはや。(?) ドラゴンではなかったのね。

高速道路のかかってない頃の、空の抜けたこの橋を見てみたかったです。



| - | 13:03 | comments(0) | - |

命めぐる海

中村征夫写真展
「命めぐる海」−都会の海から聖地の海へ−
を見てきました。

中村征夫さんの写真展は・・・3回目?かな・・

毎回考えさせられるショットが出てきます。

今回は・・紅海、東京湾、ジープ島がメイン。
中村さんもいらしてました。

紅海。
断念したんだった。。
マルタから1人でふら〜っと潜りに行こうかと思い、現地のサービスに
空室確認までとってたのに。
紅海は世界一だ、というダイバーさんもいました。
いつか行きたいですね。


ジープ島ジープ島
中村 征夫
三五館 2007-11



ジープ島。直径33mだそうです。。
モルディブも小さな島がたくさんありましたけど、
こんなコンパクトなリゾートもあるんですね。

んー。。
また海が恋しくなりました。



| - | 23:09 | comments(0) | - |

エキナカ

オークラで大使夫人気分(?)を味わった後・・

友達の雄姿をみよう、ということで東京駅へ。
世界一有名なネコを世に羽ばたかせるお仕事をしてる彼女が
この日は人目にさらされてるという。。

まぁ、お仕事中なので。
無事確認が済んだところで私たちはディナーへgo♪

面倒なので。。グランスタ内。
カノビアーノが何か出したって言ってたような・・?
と薄い記憶を辿りRISO CANOVIETTAに到着☆

何年か前に代官山のリストランテに行った事があるのですが。
その時に出くわした新婚ビッグカップルのタレントさんの
テーブルマナーの印象が強くて・・でも美味しかったんですよっ確か。





  こちらはカウンターのみの
  リゾット専門店。
  チーズ狂らしく4種のチーズリゾット☆


そして・・シンプルリゾットにコロッケをonするのがオススメスタイルというので。。



  コロッケ。
  onするのも勿体無いほど
  綺麗にやってきました。




グランスタ、色々入ってました。
駅で1日過ごせそう。




  帰りにはピエール・マルコリーニの
  アイスクリームをお持ち帰り☆


チョコレートやさんなのだから、ということでチョコレート味にしました。
チョコ、濃ゆいです。
食べる前にまぜまぜするらしいのですが・・硬くて大変。。

セレブアイスは手がかかるわ。



| - | 13:23 | comments(0) | - |

大使夫人のお庭

埋もれていた古い交友を掘り起こし、また最近会いだしたオトモダチ、
紅茶ガールのお誘い。。

ホテルオークラでの「10カ国大使夫人のガーデニング」に行ってきました。
タイ、モザンビーク、スロヴァキア、カナダ、ポルトガル、ベルギー、ペルー、
ロシア、中国、オマーン・スルタンの10カ国。


ガーデニングといっても。
室内です。

夕方からライトアップします、といっても。
室内でライトアップ。。


到着した時はライトアップタイム。

ライトアップね。そうね。




  最初に目に入ってくる中国。




  裏はこんな。
  あ、ほら、ライトアップスタートっ




  蓮かわいい。
  一生懸命首を伸ばしてる?





  タイはこんな。


オリエンタルなこの2国が好みです。





  亜熱帯の国では珍しいお花も。


いかにも、というか絶対暑いところ出身のビジュアルですね。。


お庭の中に入れると良かったのですけどね。
入れなかった、残念。。



| - | 23:56 | comments(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM